中古でリノベ

電話でのお問い合わせ

個別相談フォーム

暮らしのハコ

リノベーションのきっかけから、お部屋完成後の生活までを【物件探し】【設計デザイン】【入居後の暮らし】ごとにインタビュー形式でお届けします。

エリア:神奈川県川崎市/居住者構成:家族
専有面積:68.67平米/間取り:1LDK /
リノベ工事費:1,200万円~

「#89暮らしのハコ」のリノベ間取り図
「#89暮らしのハコ」のリノベーションビフォーアフター
「#89暮らしのハコ」のリノベーションビフォーアフター
【物件探し】

住み慣れた街の安心感

Q : リノベーションを選んだきっかけは?

K夫妻  元々アンティークな家具が好きっていうのもあって、新築特有の真新しい雰囲気が好みではありませんでした。なのでマイホームの購入を考え始めた時から新築という選択肢は考えていなくて、古い物件をリノベーションして経年変化を楽しめるような素材を使うことで味わいのある家を創り上げたいなぁと思ったんです。


Q : 中古でリノベを選んだ理由は?

ご主人  物件探しから依頼できることが魅力的だったからです。実は最初、中古マンションを購入してからリノベ会社にお願いしよう思って、先に不動産屋に行ったんです。それでいくつか内見したんですが、その時に『ここの壁は壊せますか?』など質問しても不動産屋の方はリノベの知識はないのであまり詳しくは答えてもらえなくて。それなら物件探しから依頼できるリノベ会社に、ちゃんとリノベ向きの物件を探してもらってリノベーションをしたいと思いました。


Q :物件探しにおいてゆずれなかった条件は?

奥様  3人がゆとりを持って暮らせるよう70平米前後の広さで日当たりが良いこと。あと、主人の仕事の帰りが深夜を過ぎることが多いので、電車を使わなくても帰れるように職場まで自転車で通えるエリアが絶対条件でした。


Q :物件購入の決め手は?

K夫妻  広さや日当たりの良さもそうですが、一番の決め手は住み慣れた場所だったということです。部屋が好条件でもあまり馴染みのないエリアだと中々購入を決断できなかったんですが、この物件は以前の家から歩いて5分の距離だったので周辺環境も良く分かっていたし、安心できたんですよね。

オープンな洗面スペースはモザイクタイルの壁に実験用シンクを取り付けシンプルに。

オープンな洗面スペースはモザイクタイルの壁に実験用シンクを取り付けシンプルに。

存在感のある本棚は約30cm四方の箱を積み重ねるようにして造作した。

存在感のある本棚は約30cm四方の箱を積み重ねるようにして造作した。

Rino
Rino

以前お住まいだった家は間取りが古く、家全体に光が届かない薄暗い空間だったという事を聞いていたので、たっぷりと採光を確保できるよう南側に大きな窓がある68平米のお部屋をご紹介しました。


【設計デザイン】

シンプルなハコ

Q : 空間に取り入れたいデザインやイメージは?

奥様  模様替えをするのが好きなので、自由に模様替えできるようにシンプルな部屋にしたかったんです。そこに家具やグリーンを飾ることで空間を彩っていくかんじが良いなぁと思って。具体的な要望としては主人が靴の修理をする仕事をしているので、家でも作業ができるスペースとオープンなキッチンが欲しいと伝えました。あと、できれば将来の子供部屋がつくれるスペースつくれるスペースを確保したいということもリクエストしました!


Q : 完成したのはどんなお部屋?

K夫妻  木と白とコンクリート現しで形成されたシンプルな1LDK+土間です。土間は約4畳の開放的な広さで、主人の仕事の作業スペースや子供の遊び場になっています!土間の隣には梁の高さに合わせて本棚を造ってもらったので、子供がもう少し大きくなったらこの本棚を間仕切りにして、子供部屋にしようと思ってます。そしてLDKの真ん中にはキッチンを配置してもらいました。


Q :お部屋のお気に入りポイントは?

奥様  キッチンです!ネットで検索している時に見つけた浮遊型のキッチンに一目惚れして、スチールパイプの脚の上にシナ材で作った下台とステンレスの天板をのせて造ってもらいました!脚をつけて床から少し浮かせているので、存在感はあるのに全く圧迫感を感じないんですよ。

ご主人  寝室の内窓と扉の錆加工です。実は錆び促進剤という特殊塗料でわざと錆びを発生させていて、そのおかげで塗装では表現できないような絶妙な赤茶色に仕上がってるんです。錆びが醸し出すヴィンテージ感が、味わい深くて良いんですよね。


キッチン収納はすぐに物が取り出せるよう、扉を取り払った。

キッチン収納はすぐに物が取り出せるよう、扉を取り払った。

内窓のデザインはS夫妻が好きな『TRUCK』のオーナー夫妻の自宅を参考にした。

内窓のデザインはS夫妻が好きな『TRUCK』のオーナー夫妻の自宅を参考にした。

Sou
Sou

家具やグリーンで空間を彩っていけるよう、余計なものを取り払ったシンプルな箱をご提案。シンプルながらも、造作キッチンや内窓の錆加工など細部にこだわりを持たせ、オリジナリティを演出しています。


【入居後の暮らし】

自分たちで彩る暮らし

Q : リノベーションをして良かったことは?

ご主人  リビングの扉がないので、土間からLDKまでをめいいっぱい使って息子が楽しそうにこの家の中を走り回っている様子を見ると、やっぱりリノベーションして良かったなと感じます。このオープンで空間全体がつながってるかんじは、新築の決まり切った間取りでは中々難しいと思うんですよね。


Q : 幸せを感じるのはどんな時?

奥様  料理をするのが好きなので、自然と食器も集めちゃうんですよ。こつこつ集めたお気に入りの食器をキッチンのバックカウンターに並べて、眺めていると幸せな気持ちになります。リビングにはドライフラワーを上から吊るしたりもしてるんですが、こうやって自分たちの好きなもので空間を飾りつけていくのは本当に楽しいし、シンプルな空間にしてもらったからこそ、こういう暮らし方が楽しめているんだと思うんですよね。


インタビュー中も元気に走り回るお子様。

インタビュー中も元気に走り回るお子様。

バックカウンターにセンス良く並ぶのは奥様セレクトの食器たち。。

バックカウンターにセンス良く並ぶのは奥様セレクトの食器たち。

Plan
Plan

時間や季節に合わせて思うままに、変化させていく“ハコ”…。
自分たちの手で彩りながら丁寧に暮らす「暮らしのハコ」での生活は、とても素敵な暮らし方だと感じました。

Top