中古でリノベ

電話でのお問い合わせ

個別相談フォーム

リミックス

リノベーションのきっかけから、お部屋完成後の生活を【物件探し】【設計デザイン】【入居後の暮らし】ごとにインタビュー形式でお届けします。

エリア:東京都/ 居住者構成:夫婦
専有面積:93.17平米/ 間取り:3LDK+WIC/
リノベ工事費:1,200万円~

「#81リミックス」のリノベ間取り図
「#81リミックス」のリノベーションビフォーアフター
「#81リミックス」のリノベーションビフォーアフター
【物件探し】

未知の場所から始まる暮らし

Q : リノベーションを選んだきっかけは?

ご主人 以前住んでいた賃貸の更新を前に、最初はリフォーム済物件を中心に家を探していたのですが、玄関の広さが気に入らなかったり、キッチンの配置が納得行かなかったりと、何件見ても「これだ!」と思えるような物件に出会えないまま時間が過ぎていました。そんな時物件探しからのリノベーションなら間取りも素材もゼロから自分たち好みに仕上げられると知ったのがリノベーションに決めたきっかけでした。


Q : 中古でリノベを選んだ理由は?

奥様  最初の頃は物件探しとリノベーションは別々でするものだと考えていました。でもそんな時に中古でリノベのHPを見つけて、中古でリノベなら物件探しからリノベーションまでワンストップでお願いできること、あとHPが他のどの会社よりも見やすく金額も明瞭で魅力的だったため、すぐに「個別無料相談会」に参加することにしたんです。


Q :物件探しにおいてゆずれなかった条件は?

ご主人  まず1つ目に解放的な空間で暮らしたいと考えていたので、80平米以上あるということ。2つ目に2人とも仕事で帰りが遅くなっても徒歩で帰れるように駅から徒歩10分以内にあるということ。そして3つ目に眺めの良い高層階にあるというこの3つを私達からアドバイザーの方に伝えました。


Q :物件購入の決め手は?

奥様  最初は渋谷や駒沢あたりで物件を探していましたが、なかなか予算と合うものがありませんでした。そんな時にアドバイザーの方が見つけてくれたのが江東区の今住んでいる物件だったんです。駅から徒歩8分で、9階にある部屋からは眺めは抜群だったし、ファミリー層が多くのどかな雰囲気が漂っているところも気に入りました。あと何よりも決め手になったのは、93.17平米という 広さです。予算内でこれ以上広い理想の物件は見つからないと思い、東京都江東区にある築28年の物件を購入しました。

o-r-76-03

廊下に面してつくったご主人お気に入りの書斎には壁に木板をプラス。

o-r-69-04

解放的なモルタル土間。壁にはアートやドライフラワーが飾られている。

Rino
Rino

広さはどうしても譲れないということだったので、物件探しの範囲を広げ予算にピッタリ合う物件をご提案。帰宅が遅いというお二人のため、深夜まで営業しているお店など、周辺環境まで徹底的に調べました。


【設計デザイン】

2つのテイストをリミックス

Q : 空間に取り入れたいデザインやイメージは?

奥様 あれもこれもやりたい!という思いが強く、全体のイメージをつくることが難しかったんです。だけどなんとなくインダストリアルのテイストと、どこかに和の要素を取り入れたいなと考えていました。あとは2人ともお酒が好きなので、ボトルやグラスを見せて並べられる場所が欲しいとデザイナーの方に伝えました。


Q : 完成したのはどんなお部屋?

ご主人  3LDK+WICの間取りで、解放的なモルタル土間の先には主人の書斎をつくり、その先に広がる約18畳のLDは、右のスペースをインダストリアルテイスト、左側を和のテイストにしたデザインでした。インダストリアルと和という全く異なるテイストなのに、2つの要素が絶妙な割合でミックスされたとても居心地の良い空間だと思いました。


Q :お部屋のお気に入りポイントは?

ご主人  私は畳を敷いた小上がりが一番好きですね。デザイナーの方にアクセントとして木柱をプラスしてもらったことで、解放的ながらも適度な個室感が生まれとても落ち着けるんです。天気の良い日にはここで昼寝するのも良いんですよね。
奥様  キッチンがお気に入りです。腰壁にはOSB(薄い木片を圧縮した木質ボード)をアクセントとして貼ってもらいました。あと私たちが好きなお酒のボトルを並べられるようにキッチン上部には造作で吊り棚とグラスホルダーを取り付けたのもポイントです。


o-r-76-03

モダンな畳を合わせた小上がりスペース。

o-r-69-04

上部に造作の棚とグラスホルダーをプラスしたキッチン。

Sou

好きなテイストが大きく異なっていたT夫妻。"色味をプラスしたい"、"シンプルにしたい"というお二人の想いを、淡色をさりげなくトイレの扉や洗面にポイントで合わせることで叶えました。


【入居後の暮らし】

笑顔溢れる幸せの食卓

Q : リノベーションをして良かったことは?

奥様  よく友達が遊びに来てくれるのですが、みんなこの家を見て「私もリノベーションしたくなるぐらい、素敵!」って褒めてくれるんです。最近は友達と予定が合うとみんなで一緒におしゃべりしながら料理をするのが楽しみの一つですね。


Q : 幸せを感じるのはどんな時?

ご主人  ソファで寛いでいる時が一番幸せですね!ソファに座りながらお部屋を眺めたり、洋楽を聴いたり、お気に入りの場所なのでいつも二人で取り合いをしているんですよ(笑)!


o-r-76-03

料理を囲んで食事をするのが最近の楽しみの一つ。

o-r-69-04

お部屋全体が見渡せるソファがお二人のお気に入りスポット。

Plan

和とインダストリアルという一見全く異なるテイストのものをうまくミックスするために、小上がりに合わせる畳はあえてモダンなものをチョイスするなど工夫を凝らしました。

Top