中古でリノベ

電話でのお問い合わせ

個別相談フォーム

サニーハウス

リノベーションのきっかけから、お部屋完成後の生活を【物件探し】【設計デザイン】【入居後の暮らし】ごとにインタビュー形式でお届けします。

エリア:埼玉県戸田市/ 居住者構成:ファミリー
専有面積:62.93平米/ 間取り:1LDK+WIC/
リノベ工事費:1,000~1,200 万円

「#84サニーハウス」のリノベ間取り図
「#83サニーハウス」のリノベーションビフォーアフター
「#83サニーハウス」のリノベーションビフォーアフター
【物件探し】

〝一から創り上げる楽しさ″に魅せられて

Q : リノベーションを選んだきっかけは?

ご主人 結婚を機に新しい家への引っ越しを考えて、最初は賃貸で物件を探していました。以前の家がデザイナーズ物件でデザイン性の高い空間がとても気に入っていたんですよ。なので新しい家もデザイナーズで探していたんですが人気が高い物件が多く、なかなか空きが出なくて。それで他の方法もないか調べていくうちに、賃貸で払い続けるのも勿体無いし中古マンションを買ってリノベーションをするのも一つの選択肢だなって思ったんです。それにリノベなら一から自分たち好みに空間を創り上げていけるし、どんどんリノベに魅力を感じていきました。


Q : 中古でリノベを選んだ理由は?

ご主人  最初に中古でリノベのHPを見たときに、お洒落なHPだったのがとても印象に残っていました。それで相談会に参加してみたらアドバイザーの方がとても気さくで話しやすくて、私も妻も中古でリノベにお願いしたい!ってすぐに意見が一致しました。


Q :物件探しにおいてゆずれなかった条件は?

奥様  通勤のことも考慮して都内へのアクセスが良い場所だということと、長く住み続けることを考えて新耐震の物件であることを条件に、私の実家がある埼玉県内で探してもらいました。


Q :物件購入の決め手は?

奥様  アドバイザーの方に戸田市内の物件を紹介してもらって、休日に最寄駅周辺を二人で歩いてみたんです。駅には好きな雑貨店やスーパーも多かったし、都心へのアクセスも良くて住みやすそうだなって感じました。それに部屋からの眺めの良さもとても気に入って、築21年、62.93平米の物件を購入することに決めました。

土間から見た寝室内窓。デザインはKIRI( クリームチーズ) のCMを参考にしたのだそう。

土間から見た寝室内窓。デザインはKIRI( クリームチーズ) のCMを参考にしたのだそう。

帰ってきてすぐに手を洗うことのできる、扉のないオープンな洗面スペース。

帰ってきてすぐに手を洗うことのできる、扉のないオープンな洗面スペース。

Rino
Rino

明るい光の入るリビングを要望されていたので採光や通風を考慮して、大きな窓があるお部屋をご紹介。戸田という都心へのアクセスが良い立地も物件のポイントでした。


【設計デザイン】

リビングを中心に育む暮らし

Q : 空間に取り入れたいデザインやイメージは?

奥様 日の光がたくさん入る明るいリビング、広いキッチン、開放的な土間が欲しいと伝えました。以前の家がワンルームで、いつもお互いの雰囲気を感じられていたのが私たちはとても心地良かったんです。だから個室は最低限にして、リビングを広くとりたいと思っていました。あと、二人とも映画鑑賞が大好きなので、プロジェクター投影用の白壁が欲しいと伝えました。


Q : 完成したのはどんなお部屋?

ご主人  1LDK+WIC+土間のプランです。土間は靴だけでなく、スーツケースやベビーカーを畳まずに置くことができる広いスペースを確保してもらいました。リビングは希望通り約15畳の開放的な空間で、ソファーに座って寛いでいると窓から明るい光が差し込んできて、とても居心地が良いです。


Q :お部屋のお気に入りポイントは?

奥様  キッチンですね。作った料理をすぐに出せるようにキッチンの隣にダイニングテーブルを置きたくて、そのスペースを確保するためにセパレート型のキッチンにしました。以前の家はキッチンが狭かったので、広い作業スペースにとても満足しています。
ご主人  私はプロジェクターを投影できるリビングの白壁です。二人でお気に入りの洋画を観て、映画館気分を味わうのが休日の楽しみです。


モルタル土間は玄関の隣に設け、帰宅後そのまま脱いだコートもかけられる。

モルタル土間は玄関の隣に設け、帰宅後そのまま脱いだコートもかけられる。

土間から見たお風呂。内窓を開ければ、露天風呂気分も味わえる

白タイルがアクセントの木キッチンは、数人で料理することも可能な広さを確保。

Sou
Sou

開放的なリビングにしたいとのことだったので、個室は寝室のみにして、リビングを広く取りました。キッチンもオープンなつくりにして、いつでも家族の気配が感じられるリビングになっています。


【入居後の暮らし】

家族の笑顔が映える白壁

Q : リノベーションをして良かったことは?

奥様  リノベーション前に比べて、家で過ごす時間がより好きになったことですかね。以前は休日になると出かけることの方が多かったんですが、今はわざわざ朝早く起きてコーヒーを飲みながらまったりしたり、主人はダイニングテーブルに苔と盆をひろげて、盆栽作りを楽しんでいるみたいです。


Q : 幸せを感じるのはどんな時?

ご主人  リビングで家族みんなで過ごしている時ですかね。リビングの白壁は映画を投影するだけじゃなくて、白壁を背景にして写真撮影もできるんですよ!2月に子供が生まれたばかりなので、ここで記念写真をたくさん撮って家族の思い出を増やしていけたらいいなと思っています。


気持ちの良い風が行き渡るリビングでくつろぐH家族

気持ちの良い風が行き渡るリビングでくつろぐH家族。

映画鑑賞と記念撮影、二度楽しめる贅沢な白壁

映画鑑賞と記念撮影、二度楽しめる贅沢な白壁。

Plan
Plan

太陽の光がたっぷりと差し込むリビングで、料理をしたり、映画を見たり、写真を撮ったり… 晴れ間に陽気な声が集う、H家族のお宅が完成しました。

Top