中古でリノベ

電話でのお問い合わせ

個別相談フォーム

中古リノベーション

中古リノベーションとリフォームって何が違うの?

DETA:2016.06.13

そもそも、中古リノベーションとリフォームって何がどう違うかみなさんご存知ですか?
普段は、何となく使い分けている2つの言葉ですが、実際に中古リノベーションやリフォームを行う場合その違いについてきちんと把握しておかなくてはなりません。そこで今回は、曖昧な2つの違いについてご紹介いたします。

リフォーム

「リフォーム」は、古くなった建物を新築時の状態に戻す(復元する)ことを指します。
賃貸のマンションやアパートなど、退去する時に住む前の状態に戻すことを言うこともあり「原状回復」という意味で使われることも。
住宅でリフォームという言葉を使う時は、壊れていたり老朽化している箇所を直したりすることを意味します。壁紙の張り替えなどもリフォームに当たります。

中古リノベーション

「中古リノベーション」は、新築時の状態とは違う次元に改修することを指します。
そこに住む人の価値観を最大限空間に反映し、新築時の状態に戻すのではなく、+αで住まいに新たな価値や機能を加えることを意味します。

中古リノベーションの種類

中古リノベーション済み住宅

業者がキレイに中古リノベーションした家を買う。中古リノベーション済みの為、すぐに引っ越すことができる。ただ、デザイン自由度は低い。

パッケージ型定額制中古リノベーション

あらかじめ決められた仕様の中から選択して中古リノベーションをする。決められた仕様から選択するので、デザインの自由度は低い。

100%オーダー型中古リノベーション

間取り、素材、設備などをゼロから創り上げる中古リノベーション。時間と手間は掛かるが、自分のライフスタイルに合った空間、本当に住みたい家が手に入る。デザインの自由度はこの3つの中で一番高い。

100%オーダー型で叶えた、自分だけの中古リノベーション空間

<before> 使われない和室が佇む空間が…

<after> ヴィンテージ家具の似合うイエに大変身!!

ヴィンテージ家具やラフな空間が好きな施主様。
使わない和室を取り払い、約20畳のLDKに!床はヴィンテージ加工した(傷や凹凸をつけた)を無垢オークのフローリングを敷き詰め、とことんラフな空間に。

<before> 洋室2つに和室1つの3LDKと一般的な間取りのお部屋を…

<after> モルタルを使ってオープンな空間に!!

リビングダイニングキッチンの床はモルタルで統一。お風呂とトイレ以外は仕切りをつけずオープンにし、突き抜けるような開放感のある1ROOMに。空間はシンプルに、小物やインテリアでアクセントをつけたかっこいい大人女子のリノベ空間です。

Top