中古でリノベ

リノベーション

コンパクトなお部屋だって問題なし!
空間を有効活用できるアイディア特集

DETA:2016.10.24

WIC、書斎、トレーニングスペースなど、お部屋に取り入れたいスペースはたくさんありますよね。そうは言っても、お部屋がコンパクトだから難しいかな… 。そう思っている方、あきらめないで下さい! 狭いスペースでもアイディア次第であなたの夢を叶えられるんです。今回は空間を有効的に活用できるとっておきのアイディアをご紹介致します。

棚付きWICで小スペースを最大限に活用!

棚付きWICで小スペースを最大限に活用! 棚付きWICで小スペースを最大限に活用!

リビングに設けた白いハコのようなスペース。実はこのハコ、中はWIC、そしてその周りには本棚、書斎、ディスプレイスペースが設けられているんです。 書斎スペースは棚板の縦幅を他よりも15cm長くとりデスクとして使用できるつくりに。また本棚スペースには棚板を4枚取り付けたくさんある本を収納できるように工夫しました。約1.8畳という小スペースに4つの機能を盛り込んだアイディアです。

 




曲線を描くキッチンとこだわりロフトのあるお部屋

曲線を描くキッチンとこだわりロフトのあるお部屋 曲線を描くキッチンとこだわりロフトのあるお部屋

ご夫婦が住まう約59平米のお部屋。広いとは言えないサイズですが、このお部屋にはLDK、寝室、トレーニングルーム、WIC、書斎、縁側など様々6つの要素が詰まっています。それを可能にしているのが、このロフトとキッチン。キッチンカウンターは動作が最小限に住むように弧を描いたデザインにして無駄な移動スペースを無くし、ダイニングテーブルを置くスペースを省きました。またロフトスペースは上を寝室、下はWIC、そして周りに書斎を設けることで、空間を余す事無く使いきっているところがポイントです。 





コンパクトだって取り入れたい! 憧れの書斎スペース

コンパクトだって取り入れたい! 憧れの書斎スペース コンパクトだって取り入れたい! 憧れの書斎スペース

こちらは約1.5畳の書斎スペース。コンパクトながらも、壁面棚を造作することで収納スペースをプラス。またこの小さな書斎を窓際に配置することで、外とのつながりが感じらる他、光も取り込めるため開放感が生まれます。

 




無駄な壁は取り除いちゃえ! オープンな寝室のあるお部屋

無駄な壁は取り除いちゃえ! オープンな寝室のあるお部屋 無駄な壁は取り除いちゃえ! オープンな寝室のあるお部屋

こちらはキッチンと寝室が隣り合ったデザインのお部屋。あえて寝室を個室化させず、壁1枚で区切ることで、余分な廊下やスペースを取り除きました。壁を極力設けないということもコンパクトな空間を有効的に使う良いアイディアですね!

 






Top