中古でリノベ

電話でのお問い合わせ

個別相談フォーム

中古リノベーション

中古リノベーション

リフォームと中古リノベーションって何が違うの?

DETA:2017.4.3

最近よく耳にする「リフォーム」や「中古リノベーション」…。同じような意味合いで使っている人も多のではないでしょうか?今回はそんな「リフォーム」と「中古リノベーション」の違いを事例使ってご紹介します。

「リフォーム」=新築時の状態に元すこと

「リフォーム」=新築時の状態に元すこと 「リフォーム」=新築時の状態に元すこと

私たちにとってよく耳にするのがこの「リフォーム」という言葉です。一般的に「リフォーム」とは、老朽化した建物を元の新築の状態に戻す(原状回復する)ことを言います。具体的には、壊れた箇所や汚れたり、老朽化した部分を元の状態に直したり、綺麗にしたりすることを指します。また、壁や床などの表層だけを変えることも「リフォーム」にあたります。

 




「中古リノベーション」= 中古住宅に新たな価値を生み出すこと

「中古リノベーション」= 中古住宅に新たな価値を生み出すこと 「中古リノベーション」= 中古住宅に新たな価値を生み出すこと

「リフォーム」と同じように最近よく耳にするようになった「中古リノベーション」。実は、海外ではよく使われている手法なんです。そんな「中古リノベーション」とは、既存の建物を新築時の状態とは違う次元に、性能を工場させ、修繕することを言います。そこで暮らす人のライフスタイルに合わせて間取りやデザインを変え、中古住宅に「新たな付加価値」をうみだすことを指します。また、給排水や電気・ガスの配管も全て変え、新築時以上の性能に向上させる手段としてもよく使用されます。





中古リノベーション事例「メンズホワイト」

中古リノベーション:中古リノベーション事例「メンズホワイト」 中古リノベーション:中古リノベーション事例「メンズホワイト」

とにかく「白」が好きで間仕切りを無くしたワンルーム空間にしたいと考えていたお施主様。出来上がった空間は、雑居ビルの室内をイメージし、配管はむき出しにし、コンクリート表しの壁や天井は白で塗装をした1ROOM+WICのお宅です。LDKの一角にはベッドスペースを儲け、腰までの高さの壁で緩やかに空間を仕切っています。キッチンには、ビルトインした洗濯機やカウンターを設け空間を有効活用。自分の好きをとことん詰め込んだ男子リノベ部屋です。

 




中古リノベーション事例「ヴィンテージ× クラシック」

中古リノベーション:中古リノベーション事例「ヴィンテージ× クラシック」 中古リノベーション:中古リノベーション事例「ヴィンテージ× クラシック」

こちらは、外国人のご主人と日本人の奥様のご夫婦の中古リノベーション事例です。料理が好きな奥様の為に約24畳のLDKを設け、玄関からもすぐにアクセスできるよう回遊性をもたせています。また、背の高いご主人に合わせて壁や天井をモルタルで造作したオリジナルの浴室もこだわりです。ご夫婦のライフスタイルに寄り添って創られた1LDK+WICのお宅です。

 






Top