中古でリノベ

リノベーション

魅せる造作棚!
参考にしたい造作で叶えた素敵空間

DETA:2017.6.26

みなさんは、どんな家具に囲まれたお部屋に住みたいですか?せっかくリノベーションをするのだから、家具までこだわりたいですよね。しかし、いざ家具を見に行ってみると、「この棚すごくお洒落!!でもサイズが少し大きくて収まらないな…」「もっとシックな感じで物を飾れるようなデザインがいいな…」など、そんな思いをした経験はありませんか!?既製品だと気に入ったデザインで、かつお部屋の高さや幅にあったサイズの棚を探すのは、なかなか難しいですよね。しかし、造作棚ならお部屋のサイズに合わせて、自分の好きな色、素材、形を組み合わせて自由に棚を創ることができます!今回はそんな造作の魅力についてお伝えします。

天井まで続く造作棚

天井まで続く造作棚 天井まで続く造作棚

こちらは、壁一面に造作された棚が特徴的なお部屋。天井まで続く棚は、お部屋のサイズに美しく収められています。棚の背板は設けずに、コンクリート壁の素材を活かしたクールなデザインにし、飾る物に合わせて高さにも違いをもたせました。お施主様の思い出の小物や本が丁寧にディスプレイされる、魅せる造作棚の完成です♩

 




間仕切りにもなる造作棚

間仕切りにもなる造作棚 間仕切りにもなる造作棚

こちらは約8mの長さの造作棚に、格子の引き戸を組み込み、お部屋の間仕切りとしてデザインされたお宅です。棚の背板は一部をくりぬき、向こう側にいる人の気配を感じることが出来ます。本棚に引き戸を組み込むというアイディアは、既製品ではなかなか叶えられないですよね。棚なのに、壁の役割も果たせる造作棚☆造作だからこそ叶えられた素敵な空間です。





愛猫の遊び場にもなる造作棚

リノベーション:愛猫の遊び場にもなる造作棚 リノベーション:愛猫の遊び場にもなる造作棚

こちらは、テレビ台も兼ねた造作棚です。床の色と合わせた木で創られた棚には、お施主様お気に入りの沢山の本が丁寧に飾られています。棚は天井まで設けず、左壁面の棚を段々にすることで、その上を猫ちゃんがのぼることができるようにデザインされていて、遊び心が感じられます♩お客様それぞれの暮らしに合わせて、家具を創ることができるのも造作棚の魅力です。

 






Top