中古でリノベ

リノベーション

物が多くても大丈夫!
お部屋をスッキリ見せるリノベテク大公開!

DETA:2016.09.12

仕事に、家事に、子育て… 。毎日やらないといけないことはたくさん。気付くとすぐに物が散らかっていませんか? どれだけ素敵なお部屋でも、どれだけインテリアにこだわっても、部屋が整頓されていないと台無しですよね。物が多くてもスッキリ片付くリノベーションテクニックを一挙公開しちゃいます!

こんなところに? 皆が助かる大容量の収納スペース!

皆が助かる大容量の収納スペース! 皆が助かる大容量の収納スペース!

季節はずれの服や、来客用の布団。普段はあまり使わないのに、意外とスペースを取って収納場所に困る… 。そんな経験はありませんか? そんな時は小上がり下を有効的に使うのはどうでしょう。 こちらの写真は、小上がりの上部を取外し可能な木板にすることで、大容量の収納スペースが生まれました。デッドスペースを上手く活用したリノベアイディアです。

 




どんな空きスペースだって余すことなく有効活用!

どんな空きスペースだって余すことなく有効活用! どんな空きスペースだって余すことなく有効活用!

できればお部屋にはあまり物を置きたくないな… 。そうは言っても仕事で使う書籍や資料など、捨てれるものばかりではありません。 ではどこに収納するのか… 、答えは「梁」を利用します。実際に利用した事例がこちらの写真です。 天井に出っ張った梁に沿わせるように棚を造作。ぱっと見ただけでは気づかないかもしれないですが、天井の幅一杯まで棚を造りつけることで、収納力はグンとUP 。本もCDも資料も、見せたくないものはここに収納してお部屋をスッキリ見せましょう。

 




取り出しやすく・片付けやすい収納No.1はコレに決定!

取り出しやすく・片付けやすい収納No.1はコレに決定 取り出しやすく・片付けやすい収納No.1はコレに決定

服を綺麗に収納しても、時間が経つとまたぐちゃぐちゃ… 。そんな経験ありませんか? それはもしかして収納するスペースの問題かもしれません。無い収納スペースは思い切って作ってしまいましょう。 方法はというとこちらの写真のように、部屋の一部に壁を設けるだけ!W I C の出来上がりです。取り出しやすく、片付けやすい収納を設ける。これこそお家を綺麗に保つコツ。両サイドから物を取り出せるため、2 人暮らしの方にもオススメです。

 




本棚の壁? 本好きにはたまらない収納方法

本好きにはたまらない収納方法 本好きにはたまらない収納方法

文庫本、マンガ、雑誌… とにかく本が多い! でも片付ける場所もない… 。そんなときは見せる収納を取り入れるのも1 つのアイディア。部屋と部屋を仕切るためには壁が必要ですが、 本好きの方ならいっそ本棚を壁にしてしまうのもあり。本棚に囲まれながら暮らせるお部屋が完成します。壁一面分の収納スペースが生まれるため、収納力は格段にUP。 また本棚の幅に合うようにサイズを揃えて本を並べると、たっぷりある本でも意外にもスッキリ見えてきます。

 






Top