中古でリノベ

電話でのお問い合わせ

個別相談フォーム

中古リノベーション

知っておきたい!フローリングの張り方まとめ

DETA:2016.09.26

間取り、インテリアはとてもお気に入りなのに、なんだか部屋がキマらない… 。
そんな時は床の張り方を見直してみるのはどうでしょう? 床はお部屋の中で一番人の目に触れるパーツ。色や質感だけでなく、張り方によってもお部屋の印象や、家具の映え方も驚く程変わってきます。今回はそんな方に向けて特に人気のあるフローリングの張り方をご紹介致します。

表情豊かなヘリンボーン張り

表情豊かなヘリンボーン張り 表情豊かなヘリンボーン張り

ニシンの骨(herring bone) を並べた形に似ているということから名付けられた張り方で、古くからヨーロッパで愛されてきた技法。床をこのヘリーンボーン張りにするだけで 一気にクラシックな雰囲気に変わります。インパクトのある見た目から、お部屋のアクセントにするのもオススメです。

 




木の様々な色味や木目を楽しめる市松張り

木の様々な色味や木目を楽しめる市松張り 木の様々な色味や木目を楽しめる市松張り

同じ長さの素材を組み合わせ、1枚になるように市松柄に張り合わせていきます。別名「寄木張り」とも呼ばれるように、いくつもの木を合わせるため1枚ずつ異なる色味や木目を楽しむ事ができる張り方です。空間の切り替えに用いたり、部分的に使うのも素敵です!

 




どんなお部屋にもしっくりなじむ乱尺張り

どんなお部屋にもしっくりなじむ乱尺張り どんなお部屋にもしっくりなじむ乱尺張り

事例でも多く用いられている張り方で、長さが一定ではない様々な長さの材を張っていく手法です。 長さがそろった材を集める必要がないので、価格は比較的安く仕上げられるのも魅力の一つ。ざっくりとした印象のラフな空間やヴィンテージ空間にオススメの張り方です!

 




スッキリとシンプルにまとまる定尺張り

スッキリとシンプルにまとまる定尺張り スッキリとシンプルにまとまる定尺張り

同じ寸法の素材を一定の幅で交互にずらしながら張っていく方法。見た目にも規則性があスッキリとした印象になるため、キリッとスタイリッシュな空間や、シンプルにまとめたお部屋と相性抜群です!

 






Top